マウス膵臓 ランゲルハンス氏島 由来 1st strand cDNA

膵臓に点在するランゲルハンス氏島(ラ氏島、膵島)は、インスリンやグルカゴン等の内分泌を司っており、特に糖尿病の研究には欠かせません。しかし、その割合は膵臓全体の数%と非常に少なく、膵臓全体を用いた遺伝子の発現解析ではその実体を捉えることが困難です。
そこで、当社では膵臓から単離したラ氏島より mRNA を抽出し、oligo dT primer を用いて逆転写させた 1st strandcDNA を作製いたしました。ラ氏島にて発現している遺伝子の発現解析・プローブ作製やクローニング用等としてご利用いただけます。

製品概要および価格

品番 品名 価格(税別)
MD-L マウス膵臓 ランゲルハンス氏島 由来 ¥40,000
MD-08 マウス膵臓 由来 ¥150,000

ご注文はこちらから

本製品 1μL を鋳型に 50μL の反応系で25~30サイクルの PCR を行い、Gapdh 遺伝子が増幅されることを 確認しております。

仕様

濃度 25 ng/μL
容量 15 μL (15反応分)
溶液組成 10 mM Tris-HCl (pH 8.0), 1 mM EDTA
品質保証期限 到着後より1年間
保存 -20 ℃
輸送 ドライアイス同梱冷凍便

解析例

Insulin

ISH : C57BL/6 マウス膵臓
PCR : 本製品( cDNA )を鋳型とした Insulin 遺伝子の増幅

Glucagon

ISH : C57BL/6 マウス膵臓
PCR : 本製品( cDNA )を鋳型とした Insulin 遺伝子の増幅

お見積もり及びご依頼方法

納期はご依頼内容を確認させて頂いたのちにご回答申し上げます。

03-5615-8857
受付時間: 10:00〜17:00(土日祝日休み)

価格のお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願致します。

お問い合せフォーム

サイドコンテンツ

秘密保持契約について

秘密保持契約・業務委託契約もご用意しております。
ご提示いただいた情報、及び知り得た知見などの機密について、秘密厳守することをお約束します。

ページの先頭へ