HALOを用いた画像解析サービス

バーチャルスライドシステムとHALOを用いた画像解析サービス開始しました。

標本組織全体での解析が可能になります。

  • ISHや免疫染色の陽性部位の面積測定
  • 線維化部分の面積測定

今までの解析方法との違い

ImageJなどの画像解析ソフトを使用して陽性部位の面積測定を行う場合、解析したい場所をJPEGなどの形式で部分的に切り出す必要があります。このように範囲(region of interest: ROI)を指定して陽性部位の面積測定を行うと、計測する場所により測定値が大きく異なり、正確なデータを得ることが難しい場合があります。HALOではバーチャルスライドのデータから組織全体を範囲指定して解析することができるため、測定範囲を選ぶ必要も、JPEGなどで画像を切り出す必要もありません。

試験の流れ

  1. 組織染色
  2. 染色画像のバーチャルスライド化
  3. 解析内容のお打合せ
    測定閾値や範囲などの解析内容について、詳細をお打ち合わせさせていただきます。
  4.  お見積り
  5.  解析
  6.  結果のご報告

解析例1 ISH陽性部位の面積測定

ISHの染色結果 HALOによる解析画像

コロナウイルス感染動物の肺におけるin situ Hybridization (ISH)法によるウイルス遺伝子の検出

ウイルス遺伝子が紫色(NBT/BCIP)で染色されている(写真左)。写真右の赤色の部分が、HALOの解析で識別された陽性部位で、肺全体および陽性部位の面積をそれぞれ測定することができる。

 

解析例2 線維化部位の面積測定

正常マウス肺のピクロシリウスレッド染色像

ピクロシリウスレッド染色により、コラーゲンが赤色で染色されている(写真左)。 HALOを用いた解析により、組織中の線維化した部位の面積を測定することができる。写真右では、シリウスレッド染色の陽性部位がオレンジ色で識別されている。

ピクロシリウスレッド染色 HALOによる解析画像

 

解析例3 マウス血管の面積測定

CD31抗体 HALOによる解析画像

正常マウス(18.5日齢胎仔)のCD31抗体の免疫染色

HALOを用いた解析により、陽性部位(血管内皮)が赤色で識別されている。

 

解析例4   Ki-67陽性部分の面積測定

Ki-67抗体 HALOによる解析画像

ヒト乳がん組織におけるKi-67抗体の免疫染色

HALOを用いた解析により、陽性部位が赤色で識別されている。

 

解析例5   距離測定

マウス皮膚組織のHE染色

HALOを用いて、皮膚(真皮)の組織厚を計測した。組織厚は各線の距離(平均)を用いた。

*当社では、距離測定にImage-Pro Premier (Media Cybernetics)も使用しています。

お見積もり及びご依頼方法

納期はご依頼内容を確認させて頂いたのちにご回答申し上げます。

03-5615-8857
受付時間: 10:00〜17:00(土日祝日休み)受託依頼の
お問い合わせは「お問い合わせフォーム」よりお願致します。

お問い合せフォーム

ページの先頭へ