新規 ISH用 RNAプローブ作製

お客様からの遺伝子情報をもとに in situ ハイブリダイゼーション用として最適なプローブを作製するサービスです。複数領域(最大3領域)でRNAプローブを設計・作製いたします。

受託内容

コース1

Gene Accession Number(Gene Bank,EMBL)、もしくは Sequence Text Dataからの設計と作製

コース2

クローニングした遺伝子断片(プラスミド挿入ずみ)からの設計と作製

コース3

お手持ちのプローブ配列を挿入したプラスミドからのcRNAの合成

仕様

  • アンチセンスプローブ:150μL(25ng/μL)
  • センスプローブ:150μL(25ng/μL)

お見積もり及びご依頼方法

納期はご依頼内容を確認させて頂いたのちにご回答申し上げます。

03-5615-8857
受付時間: 10:00〜17:00(土日祝日休み)

お問い合せフォーム

ページの先頭へ