in situハイブリダイゼーション(ISH)

in situ ハイブリダイゼーション(ISH)に関わる一連の作業をお引き受けするサービスです。ご要望に応じて、動物の解剖からプローブの作製、ISHの実施、報告書の作成までを一貫してお引き受けいたします。

受託内容

以下の項目をお知らせいただくだけで解析が開始できます。

解析をご希望の遺伝子情報(プローブ作製)

Gene Accession Number(Gene Bank, EMBL)もしくは、Sequence Text Dataをお知らせください。プローブとして適切な領域を最大3領域まで作製します。

目的の検体(組織・細胞)について

解析される検体情報についてお知らせください。

  • 動物種:マウス、ラット、ヒト、マーモセット、植物、昆虫、ゼブラフィッシュ等
  • サンプリングについて:すでに採取済み、出張解剖を希望する、等
  • 検体について:KO,TG,WT,病態モデル 検体数
  • 断面の指定:断面の指定がある場合はお知らせください。注目部位や薄切方向(冠状断・矢状断)ご指定ください。
  • 発現情報:目的遺伝子のリアルタイムPCR、RT-PCR、ノザン解析等の発現情報等があればお知らせください。

お見積もり

お知らせ頂きました内容についてお見積もり申し上げます。
販売店を介してのお見積りをご希望の際はお申し付けください。

受託のながれ

①プローブバリデーション試験

作製した複数領域のプローブを用いてバリデーション試験を実施します。

試験には、アンチセンスプローブ、センスプローブ、β-Actinなどの組織に適したポジティブコントロール、当社所有のネガティブコントロールプローブの合計最大8プローブを用いて染色します。

本試験に用いる染色性の高いプローブを1つ選択します。

②ISH条件検討と本試験

プローブバリデーション試験で選択したプローブと検体を用いて条件検討を行います。

染色の有効性を確認するために、ポジティブコントロール及びネガティブコントロールプローブによる染色も同時に行います。

③結果報告書の作成

試験結果の報告書を作成し、発色スライド、電子ファイル(CD)と共に納品します。

お見積もり及びご依頼方法

納期はご依頼内容を確認させて頂いたのちにご回答申し上げます。

03-5615-8857
受付時間: 10:00〜17:00(土日祝日休み)

お問い合せフォーム

ページの先頭へ