サンプルの固定について

サンプルの固定について

パラフィン切片用サンプル

摘出した組織を可能な限り速やかに固定液に浸漬する。

固定液には弊社オリジナル固定液G-Fix 又は10%中性緩衝ホルマリンをお使い下さい。

  1. 組織片の厚みを約3mm~5mm程度の厚みとなるようにトリミングして下さい。
  2. トリミングに時間がかかるようでしたら、固定液中でトリミングするようにして下さい。
  3. 骨組織・胎仔などにおいても、固定液が浸透するようにトリミング、または、割(切れ目など)をお願いします。
  4. サンプルを入れた容器にサンプル名・固定開始時間を記入して下さい。

その日のうちに当社へ送付下さい。

  1. 到着が土曜・日曜・祝日ならないようにお願いいたします。
  2. 室温固定のサンプルですが、輸送中の温度が一定しないことから、冷蔵便にて送付下さい。

ストック:サンプルの到着予定が土曜・日曜・祝日となる場合,または、サンプルがそろってから送付頂く場合

  1. サンプルを48時間・室温にて固定(振揺させること、よく攪拌させる)
  2. 固定中、2回程度、固定液を新しい固定液に交換
  3. 48時間後、溶液をPBSに交換(30min、2回、室温)
  4. 70%エタノールに交換、1hr、室温。70%エタノールは2回以上交換してください。
  5. 冷蔵にて保存してください。
  6. 検体がまとまりましたら、当社へ冷蔵便にて送付してください。

サルなどのトリミングが必要となる場合

  1. サンプルを5mm(厚)x25mmx18mmの大きさにトリミング。
  2. 48時間・室温にて固定(振揺させること、よく攪拌させる)
  3. 固定中、2回程度、固定液を新しい固定液に交換
  4. 48時間後、溶液をPBSに交換(1hr~2hr、2回、室温)
  5. 70%エタノールに交換、2~3hr、室温。70%エタノールは2回以上交換してください。
  6. 当社へ冷蔵便にて送付してください。

 

送付住所および送付の際の注意点はこちら

サイドコンテンツ

秘密保持契約について

秘密保持契約・業務委託契約もご用意しております。
ご提示いただいた情報、及び知り得た知見などの機密について、秘密厳守することをお約束します。

ページの先頭へ