サンプルの送付方法

ポストに投函する送付方法は避けるようにお願いいたします。

下記の送付内訳シートを同梱するようお願いいたします。

送付内訳シートダウンロード(エクセルシート23kb)関連する項目のみご記載ください。検体数が多い場合はコピーしてご記入ください。

送付先

〒113-0032 東京都文京区弥生2‐5‐8 GSビル
ジェノスタッフ株式会社 白戸 宛
TEL:03-5615-8857
受付:土日祝到着は避けるようにご注意ください。

固定は室温で結構でございますが、輸送中の温度が一定しないことから、冷蔵便にて送付下さい。(郵便受けに投函する送付方法は避けて下さい。)

送付の際にご注意ください

送料はお客様のご負担となります。弊社から発送する際の費用は弊社で負担致します。

固定液(又は70%エタノール)に浸漬している状態のサンプルの場合

お手数ですが、輸送中に検体が乾かないことと固定液などが漏れないよう下記の要領でお願いできますでしょうか。

  1. スクリューキャップ付きのチューブなどに検体を入れていただき、念のため蓋の部分をパラフィルムで巻いていただけますと液漏れは無くなります。
  2. 固定液やエタノールの量が少ないと、輸送中の傾きで検体が空気に触れる場合がございますので、容器の80%程度を満たされるようお願いいたします。
  3. 固定開始日時をチューブ等に記入してください。
  4. 冷蔵便にて送付して下さい。

※固定液が浸透しやすいように検体のトリミング、又は切片作製時の断面に影響の無い範囲で”切れ目”を入れるようにお願致します。

腸管・皮膚・肺等がサンプルの場合は、固定液に浸漬する前にご相談ください。

カルチャーインサート等の3D培養組織サンプルの場合

カルチャーインサート等の3D培養組織サンプルの場合は、プレートに固定液を満量入れ、しっかりとシールし、輸送の箱等には梱包材を入れて発送する様にお願致します。

切片を送付される場合

切片を送付される場合は、必ず冷蔵便にて送付して下さい。免疫染色等では、熱処理を行う染色もございますのでスライドグラスは、剥離防止コーティングされたものでご用意頂くようにお願い致します。
例:マツナミ硝子の剥離防止スライドグラス:クレスト、(型番:CRE-〇〇)など

パラフィン包埋組織ブロックの場合

パラフィンブロックを送付される場合は、必ず冷蔵便にて送付して下さい。

抗体

抗体の送付は、必ず保存温度と同じ温度で送付下さい。箱等には梱包材を入れて発送する様にお願致します。試験終了時には、返却致します。

サイドコンテンツ

秘密保持契約について

秘密保持契約・業務委託契約もご用意しております。
ご提示いただいた情報、及び知り得た知見などの機密について、秘密厳守することをお約束します。

ページの先頭へ