腸管のサンプリング

腸管のサンプリング

腸管のサンプリング(小腸:空腸、回腸)

intestines 適切な麻酔の後、開腹、腋下動脈から放血させる。
*ここから固定液につけるまでの操作は、出来るだけ手早く行う。また回腸は特に融解しやすいので、複数箇所サンプリングする場合は一番初めに取り扱うようにする。
intestinesintestines 腸管を伸ばし、目的の部位が入るように15~20cm程度に切断する。
intestines 5mlのシリンジで腸管の中に固定液を4~5ml注入し、内容物を押し出すように洗浄する。
intestines ここから先は組織を常に固定液に浸した状態を保つようにし、乾燥させないように注意する。
intestines intestines 洗浄した腸管を 1cm 程度に切断し、端からハサミで切り開く。ハンドリングの際、粘膜側に触らないように注意する。
intestines intestines 目的の部分(例えば、パイエル板)か入るようにかみそりでトリミングする( 1cm×5mm )。
intestines intestines intestines intestines
固定液に浸したキムワイプ( 3cm 画程度)で腸管を包む。
intestines キムワイプに包んだままカセットに入れ、固定液中に保存する。

腸管のサンプリング (大腸:結腸)

intestines 摘出した腸管から、目的の部位が入るように 5cm 程度に切断する。
*摘出から固定液につけるまでの操作はできるだけ手早く行う。
intestines 腸管の端からハサミで切り開き、そのまま固定液に浸す。
intestines 固定液中で内容物洗浄する。このとき粘膜側にはなるべく触れないようにする。
*結腸は粘膜組織が融解しやすいので、手早く操作する。
intestines
intestines 洗浄した腸管を粘膜側が上になるように解剖台の上にのせる。ハンドリングの際、粘膜側に触らないように注意する。
intestines intestines 1cm×5mm 程度にかみそりでトリミングする。
intestines intestines 小腸と同様に固定液に浸したキムワイプに包みカセットに入れ、固定液中に保存する。

送付先

送付住所
〒113-0032
東京都文京区弥生2‐5‐8 GSビル 白戸 宛
TEL:03-5615-8857
受付:土日祝到着は避けるようにご注意ください。

サイドコンテンツ

秘密保持契約について

秘密保持契約・業務委託契約もご用意しております。
ご提示いただいた情報、及び知り得た知見などの機密について、秘密厳守することをお約束します。

ページの先頭へ